上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、1か月も更新していなかったです

何もなかったわけじゃないが、なんとなく忙しく・・・って感じでした

さて、この1カ月、いろんなことがありました。


旦那が車をぶつけたんだが、その原因が・・・
車の運転中に、私の電話を取ろうとして・・・ガシャンってね
幸い、お互いにケガもなく、どこぶつけたの?って感じだった。
でも、旦那から「何の用件で電話してきたのか?」と聞かれて・・・
実は
「くわがたのエサを買ってきてもらおうと思って・・・」と言った私
かなり凹みました。

あとは、娘の運動会に行けず・・・仕事で関西へ旅行にいき
映画村でケンドーコバヤシにあったこと。

「ラマンチャの男」の千秋楽言ったこと。これは、楽しかった

まあ、いろいろありましたが、家族が健康でなにより幸せです

今日、久しぶりにジャッキーチェンの映画を見たとき、
ジャッキーが言った言葉に感動して泣けてきた。

それは・・・
「人生、うまくいかない事もあるし、大変なことも、理不尽なこともある。
 でも、その苦しみを力に変えて生きていくことが大切」だと。

その後、別の番組でつるべいが
「いい出会いがあったり、人に恵まれている人は、その人が努力しているからだ。」と言っていた。

私は、自分で言うのもなんだが、人に恵まれていると思う。
でも、努力はしていない・・・。
だったら、努力したら、もっともっといい出会いがあるかもしれないと思ったら
わくわくしてきた。

今日は、いい言葉に出会ったな。

さて、今日もいい日でありますように
連休もあっという間

買い物、山口へドライブ、潮干狩り、バーべキュウ
本当に楽しかった。
ご近所の皆さま、ありがとうございました

車を買い換えて、
今までより、旦那が張りきって運転して
いろんな所に連れて行ってくれます
ありがとう。旦那よ。新車よ

で、本日は愛する息子の6歳の誕生日
そして、私の父の62歳の誕生日。

父は仕事でこれなかったのですが、
今日は、息子のリクエストによる「たこ焼きパーティー」
私としては、たこ焼きは休日にのんびりしたかったので
寿司やカレーやハンバーグを勧めたのですが・・・
誕生日3日前から息子は「たこ焼き」っていうから
気が変わるかもしれないので一応、毎日聞いてみた。
そしたら・・・
「お母さん、しつこいな。
 僕はたこ焼きが食べたいって、何度言ったらわかるん?
って言われちゃった。あはは

で、おばあちゃんとおじいちゃんから「ラキュー」を買ってもらい
旦那と私から「3Dマリオ」をプレゼント。

で、ケーキもキャラクターの「ポケモンのゼクロム」

おまけに、恒例のくす玉でお祝い

本当にホントにお誕生日おめでとう。
6歳。今年も健やかに元気で楽しく成長してください。
そして、これからもずっとずっと
母の願いは、それだけです
 
あと、子どもたちが幸せに過ごせるような社会を
大人の私たちが頑張らなくてはいけないな。
子どもに恥ずかしくないような生き方をしよう。

先週はいろいろな行事がありました。

まずは息子のお泊まり保育
大きなリュックに荷物をつめて楽しみにしていました。
親の方がドキドキ

で、お泊まり保育から帰ってきたら、とっても楽しかったみたい
息子なりに頑張っているようでした。


で、次は
娘の家庭訪問がありました。

でも、家庭訪問のその前に・・・
娘は学童に行かず、勝手に友達の家に遊びに行ってると
友達の母より連絡が。
まったく・・・
人の話を聞いてないので困ったもんだ

さて、本題の家庭訪問。

とっても感じの良い担任の先生でした。
先生は「メリハリ」を大切にしたいとのこと。
ふむふむ
私も共感しました。
で、娘はクラスではムードメーカーな元気な女子らしい
学習面もなんとか頑張っているよう。
で、先生から注意されるとブーっとなるらしい
でも、指導に対して根に持たない性格のようで
切り替えが早いですとのこと

これからの一年でもっともっと成長してほしいな



連休

やっとやっと連休に入りました。
本当に本当にうれしい!!
子どもたちとのんびり遊べて嬉しい限り。

今日はお弁当をもって公園へ!
娘は噴水で水遊びでずぶ濡れ。
息子はサッカーで遊びまくり。
私は友達としゃべりまくって、ストレス発散でした。

旦那はイカ釣りに行きました。

楽しい連休。
働きたくなーーーーい。って気分になるね。

言葉

今日はちょっとまじめな話

最近、職場で言葉って難しいなって思うことがありました

言葉って人間が考えた大切な大切な
コミュニケーションの道具の一つ。
でも、人って言葉を伝える方法はいろんな方法があると思うんだな。

手紙、メール、電話、
でも、目の前の相手と話して伝えることが
一番多いと思う。

「ありがとう」って言葉を文章に書けば
「ありがとう」っ感謝の気持ちが伝わる。

でも、同じ言葉でも表情や言い方がとっても大事。

まず気持ち・・・
心をこめて伝える「ありがとう」
誰かに頼まれて心はこもってないのに伝える「ありがとう」

そして言い方・・・
優しく気持ちがあったかくなるような笑顔で「ありがとう」
嫌そうな顔をして怒鳴るように「ありがとう」

同じ「ありがとう」でも受け取り方は違ってくると思う。

私は我が子に対して、どんな言葉を言っているのだろうか。
改めて考えてみた。
もっと優しく言わないといけないこともたくさんあると反省。

でも、子どもたちには、人と付き合うなかで
友達や出会っていくすべての人に対して
言葉を考えて発言できるように育てたいなと思う

私が子どもたちに言っていること。
それは、

「自分が言われたら、どんな気持ちになるのか。
 相手の立場や気持ちになって言うことを考えよう。

 一度言った言葉は消えないから

 嫌なことを言った方は忘れているけど
 嫌なことうを言われた方は一生忘れない」ってね。

何事も謙虚に謙虚にね。

子どもは今からいろんな困難があるかもしれないけど
悩んで考えて、相手に言葉を伝えていってほしい。

我が家で・・・
子どもがいじわるなことを言ってたら言う言葉
「そんな意地悪なこと言っていたら友達がいなくなるよ。
 お母さんは、意地悪じゃないから
 素敵な友達がたくさんいるでしょう」ってね。
そしたら、子どもはいつも納得しています。
なんちゃって。



 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。